使いきる暮らしでゴミの量が減る

使いきる暮らしでゴミの量が減る

使いきる暮らしをはじめて

4年ほど経ちましたが、ゴミの量が減りました。

何だかんだ、ゴミ捨ては面倒くさい。

ゴミが減ったことで、ゴミ出しにかける時間も減りました。

 

使いきる暮らしでゴミの量が減る

今住んでいる東京都のゴミ袋は有料なのですが、

いちばん小さい5ℓサイズを週に2回。

時々、週に一度5ℓサイズのゴミ袋で間に合うことも。

 

わが家は夫と2人暮らしですが

家事にほとんど興味のない夫でさえ「昔と比べてゴミ減ったよねーー」と話しています。

ゴミの量が減ると、なんだか嬉しいそうです。

 

使いきる暮らしを始める前に住んでいた所はは有料ゴミ袋ではなく

スーパーの袋などに入れて捨てていたので

「ゴミを減らす意識」が薄かったように思います。

 

使いきる暮らしをはじめたことで、

必要なもの、そうでないモノの訓練をしていたのだと思います。

それは「いい意味での変化」嬉しい変化です。

 

当時、当たり前にまとめ買いをしていましたが、

やはり買いすぎていたのだと思います。

ちょっと大げさかもしれないですが、

ゴミの量が減ったことで、生きるのも少しラクになったように感じます。

 

食器洗剤の量が劇的に減るスポンジ:ゼロ・ウェイスト・ホームへの興味

お金を貯めるには節約よりも冷蔵庫を片付ける

ひとりで始められるゴミを増やさない暮らし

紙に書く「買い物リスト」の効果