大きな調味料ケースが不要になりました~3年間の振り返り

シンプルライフ,使い切る,コーヒーメーカー,やめる,無印良品,ポリプロピレンケース・引出式・深型・2個(仕切付) (V)約幅26×奥37×高17.5cm

家庭ごみの量が減ったことに続き、

キッチン周りの収納ケースが不要になりました。

使いきる暮らしでゴミの量が減る

調味料やお茶などは

無印良品の引出式ポリプロピレンケースに入れて収納。

大きな調味料ケースが不要になったのは…

ついに、そのケースを卒業することにしました。

使い切る暮らし、生活哲学。シンプルライフ、日々変化。

ストックケースが不要になったのは

・まとめ買いを少しずつやめた

・「いつものこれ」を疑ってみた

・一か月で使い切れる位の量を買うようにした

この3つを意識して

2年くらい時間をかけて生活してみた結果でした。

今は無印良品のメイクボックス1/2に調味料を入れています。

ここ3年間の過去を振り返ると、やはり買いすぎていました。

何度もなんどもしつこいかもしれませんが、

買い過ぎは、飽きが来て使用頻度が減り、食品の味が落ちてきます。

特に調味料は液体ベースであることが多いので尚更です。

3年前、買いすぎていた調味料を大きく処分しました。

使わない調味料は少しずつ捨てていく

それと同時に、まとめ買いも控え、つくり置きもやめました。

まとめ買いに思う、未来の可能性を広げる買い物の仕方

作りおきブームに乗らなかった理由~人間もおかずも若返ることはない