コンディショナーいらずの髪になっていました

いつの間にかコンディショナーいらずの髪、実現。

コンディショナーを使わなくなった

そういえば、長らくコンディショナーというアイテムを使っていません。

ここ半年間はトリートメントでさえ

1か月にいちど使うか使わないか(使わない確率の方が高い)

シンプルライフ開始から5年ほど。

(本格的にはじめて、なので実はもっと長い…)

 

ヘアケア商品がどんどん減っていたことに最近気づきました…!!
そして、何かとめんどくさいヘアケアがラクになってきています。

 

ヘアケアはシャンプーのみがほとんど

もう、わが家にコンディショナーというアイテムは家に入れないことでしょう。

なぜかって、必要性が完全になくなったから。

ですが、必要なくなったいちばんの理由は何かがわかりませんでした。

最近ようやく分かったのだけど、カラー・パーマの頻度が減ったことであれこれケアする時間が短縮。

 

外出時は、できるだけ帽子を被って紫外線から髪の毛へのダメージを守ること。

数年間、洗い流さないトリートメントを使っていましたが、それさえ時々つけるくらいに。

現在ヘアケアはシャンプー、時々洗い流さないトリートメントのみになりました。

3年ほど夫婦で使ってるFORM(フォルム)と呼ぶエイジングシャンプーを使ってます。

 

シャンプー代を節約しない理由

 

 

~であるべき?から解き放たれて

ヘアケア商品を節約したくてはじめたのだけど、

結果的に髪の毛の状態もよくヘアケアの時間も減り、大きく節約できたことに驚いています。

あと、もしかすると2年前に時短で取り入れたドライヤー効果もプラスされてるのかと思います。

 

ドライヤーは、2年前祖母の在宅介護の時短アイテムとして導入。

とにかく時間と心のゆとりがなく「時短ーーっッ!!」でした。

 

今まで「髪は女の命」なんて唱えながら暮らしていた呪縛?

が解き放たれ、「~であるべき」が薄らいだようにかんじます。

たしかに、髪の毛がきれいな方が気分が良いし、成績が上がろうようなかんじ(?)です。

 

…が、それが全てではなく、人生にはいろいろな「良し」があるんですよね。

そんなことをコンディショナーいらずの髪になれたことで、しみじみ感じる2019年、秋の始まりです。

 

30代の私が髪をめちゃくちゃほめられるようになった理由