奥底にある「なにか」の変化

オシャレ ゼロ・ウェイスト・ホーム 今の心境

奥底にある「なにか」が変わる

ゼロ・ウェイスト・ホームの書籍を2年前に読んでから、私の生活の・・なんというのか「奥の底にあるなにか」が変わったように思います。
読んだばかりの頃は、とくにピン、と来なかったのだけどジワジワと生活への意識の変化がありました。

(独身時代)古着屋で購入
→新品を買うのが当たり前
→断捨離ブーム
→身の丈に合った買い物
→いいものを少しだけ精神
→ブランド服をメルカリ等で購入

ひとりで始められるゴミを増やさない暮らし

ひとりで始められるゴミを増やさない暮らし

その「奥の底にあるなにか」が何なのか表現できないのですが、生活する上でのひとつひとつの行動・選択が今まで以上に合理的になったとかんじる。

 

4つの軸

今の私の中で軸にあるのが4つです。

1.「できるだけごみを出さない暮らし」
2.「リサイクル品」
3.「古いモノをだいじに使う」
4.「費用(支出)を抑える」

元々中古品には抵抗がなく、独身時代は古着屋を愛していました。
結婚してからはなぜだか新品信仰になり、たくさんのモノを買い、そして沢山捨てました・・・。
今思うと、反省ばかりの消費者です。

ここ1年はメルカリでブランド品の小物アイテム、バッグ、ベルト、帽子、靴・・・
生活用品だと、家電、キッチン用品・・。

中古品ですが、比較的状態の良いものを選んでいくと、私だけのおしゃれができてくるのだと驚いています。
それは、「今流行り」とか「人気」とかまったく関係なしのオリジナルの世界です。

メルカリを利用してから、手に届かなかったようなブランド品を手頃な価格で整えられるようになりました。
メルカリ以外では個人店で洋服を購入したりすることもあります。

 

プチプラな人生
オリジナルと充実

 

人は変化をつづけていく

シンプルライフをはじめて時短の魅力を知り、合理的なこと・ものが大好きになった。

数年後の今、ブログをはじめたころと比較するとなんだか自分が自分でないような気がして、ここ最近ブログにどう綴っていいのかわからなくて更新できずにいました。

「人は変化をつづけていく」変化があっての人生。

一体、ミニマリストなのか?シンプリストなのか、ゼロ・ウェイスト?な人間なのか分からずお好み焼き状態ですが、それはそれでいいかな。と思っています。

私は〇〇というのは、もうここ1年くらい頭の中にもなく、だけどそれがちょうどよく、健康的に過ごせていることにブログを綴りながら気づきました・・・。

ブログも変化し続けているのだと思うけれど、どこかで過去の良しとしたものを、もう変わってしまったのに過去をつづけなければいけないような、過去と同じ状態で居続けなければいけないような、ブログにはそんな縛りも感じていました。

今日私が選択したものが、明日の私を色づけていき、その薄い色が重なり続けてその人の色ができてくるんだと。

オシャレの話からだいぶ話がそれてしまいましたが、人は1日24時間平等にあり、その時間をどう過ごし、どう使い、選択しているのかで人生の道って変わっていく。

そのひとつが、ゼロ・ウェイスト・ホームな生活を取り入れていることで起こっているのだと感じます。

 

お金の使い道と選択の変化
食器洗剤の量が劇的に減るスポンジ、ゼロ・ウェイスト・ホームへの興味
プラスチックごみを減らすために意識し始めたこと