まねき日記一覧

言葉はシャボン玉。メモの必要性

シンプルな「文字入力だけ」のアプリが合っていたようで、 Simple Notepad を愛用中。数週間の間にザっとこんなメモを残していた。マクロ経済・こだわらないもの・奥さんはいつもサラリーマンの・英語・わ、する、を・なぜ服がたまってたのか・家の中の労働者・人間の思考はザルの目・ / 無意識のあいだに、溢れる情報の中でほんとうの感情を消し去ってしまうことが、あまりにも多い。特に情報が多く、人口も多い所にいる時間が増えると、何が正しく・何が誤りなのか判断力の鈍りを感じることが増えた。

なにをやっても嫌う人はいるのだから

見た目、学歴、年収。住む場所、家が持ち家か賃貸か。なぜ、人は比べてしまうのだろう。今まで、細々としたことを比べてきたけれど、あまりいい結果を生むことはありませんでした。思ったのです、猫は自分の好きな場所を決めると、意地でもその場所から動かないということに。

断捨離して2年。捨てるものがなくなったいま感じること

幸せを感じられないとき、満たされない時、人間はどうも「幸せ」や「生きてる意味」について深く考え込んでてしまうようです。幸せな暮らしに「ものがない暮らし」「買わない暮らし」は…条件じゃなかったと断捨離2年後の今感じています。(物がないことを「幸せ」としている人が、どうして何年も、何年もも断捨離や捨てることをし続け、書き続けているんだろう?不思議だと思いませんか?)